タクシー運転手の1日の仕事の流れについて解説しています

タクシー運転手の1日の仕事の流れ

タクシー運転手は比較的働い方が自由と言われていますが、出庫前のアルコールチェックと入庫後の入金、車両点検が終われば会社にいる時間はほとんどなく、自由は多いですが、ときに孤独を感じる場合もあります。

 

1日のスタートはどんな流れ?

タクシードライバーとして働き始めるとき、会社に行ってから制服に着替えたり、車両の点検や書類の用意などをしつつ、アルコールチェックを必ずすることになっています。

 

2種免許を取得しているということで、お客さんを乗せて車を走らせる者の責任として安全運転を遵守できるようにするための方法の一つです。また、朝は朝礼や挨拶練習、声出し練習などを行うところもあり、会社に行ってからの日課としてすることになると考えておきましょう。アルコール検査はかなり厳しいので、お酒入りのチョコレートを食べただけでもだめな場合があります。

 

この検査に引っかかると仕事に出られないので気をつけましょう。マウスウォッシュなどもアルコールを僅かに含んでいるので、アルコール検査前には特に気をつけましょう。

 

路上で自由に働く

会社から出てしまえば働き方はかなり自由です。お客さんを乗せるとき、会社から配車希望が入った時には指定の場所にタクシーを走らせることになりますが、基本的にどこでお客さんを拾っても、駅で待機しても、医療機関などにお客さんを運んでも良いです。

 

お客さんを乗せたときと降ろした時には、無線でひとこと報告を入れたり、カーナビやGPS連携で電子的に連携させたりすることはありますが、それ以外は特に制約はなく、営業エリア内の好きな範囲で働けるというメリットがあります。

 

車内では監視されているということはなく、ドライブレコーダーがついているくらいできちんと仕事をしていれば困ることは何もありません。

 

仕事後の処理

1日の仕事が終了したら、タクシーでそのまま会社に一度帰ります。会社に帰ったあとは、1日の売上金を会社に預けて、営業報告をし、必要に応じて健康チェック、車の点検、整備をして仕事が終了します。

 

1台のタクシーを2人で回すような場合には、交代するタイミングによっては整備を次に乗る方に引き継いで仕事を終えることもありますが、このあたりは臨機応変に対応する事になります。

 

基本的にはこうした働き方が続くため、慣れてしまえば余計なストレスはなく安心して働けるでしょう。1日の仕事の流れはルーチン化できるので、ものすごく頭脳を使うわけでもなく、大変な肉体労働があるわけでもありません。