タクシー運転手の転職に失敗しないための教訓と注意点

転職に失敗しないための教訓と注意点

タクシードライバーに転職する時には、できれば失敗しないで一発で転職に成功できたほうが良いです。

 

タクシーの仕事は人材不足な状況なので、きちんと転職活動すれば仕事に就けないことはほとんど無いでしょう。

 

タクシー運転手の人材は足りていない

全国的にタクシー運転手の人材が減っているため、そこそこ収益の良い転職先としてタクシードライバーの仕事はおすすめです。

 

隔日勤務や歩合給などに対する誤解もあってタクシードライバーは大変すぎると言われていますが、慣れてしまえば他の業種と大変さはあまり変わらないので事前に十分リサーチして仕事を始めるようにしましょう。

 

人材不足が続いている職場が多いため、転職成功後は職場環境もかなり改善されてきており、ブラック企業などに転職してしまうようなこともないでしょう。そもそもタクシードライバーの仕事は結果さえ出ていれば問題なく働けるため、まじめに働いていれば活躍できないことはありません。

 

労働契約書はきちんと確認

転職でも就職でも、労働契約書をしっかり確認しておかないと仕事をするときに不利になってしまう可能性があります。

 

休みの日数や労働時間、ノルマがあるのかどうかなど求人情報に書いてないような情報が意外とあるので、しっかり転職を確定する前にチェックしましょう。契約書に書かれていることをきちんとコピーを取って残しておき、待遇、賞与の条件などは特に把握しておいて損をしないようにしてください。

 

会社によってはボーナスの支給条件が求人にはなく、2年や3年勤務していないとボーナスの支給がないという会社もあります。一定のノルマを達成していないとボーナスを支給しないという会社もあるため、契約書と実際の待遇、福利厚生などの違いがないか転職サイトや転職エージェントを通して確認するのも重要です。

 

転職する時の注意

タクシードライバーに転職する場合は、研修期間の長さと給料をきちんと確かめましょう。

 

研修期間中の歩合給があるのか、研修中の稼ぎはいくらになるのか確認しておかないと研修期間の生活が苦しくなって仕事のモチベーションが落ちてしまうこともあります。給料や手当、歩合給の割合や支払時期などは生活にも直結してくるのでしっかり確かめておきましょう。

 

最低限給料や手当の支払いがあれば仕事は続けられるので、モチベーションが下がらないように情報をチェックして働きやすく、長く勤務できる会社を見つけてください。