タクシー運転手として福岡で仕事するなら福岡空港周辺の地理を把握しよう

福岡空港周辺の地理を把握しよう

福岡空港は福岡県内で利用者が多い交通機関で、近くの博多駅、天神駅などへはスムーズにアクセスできるようにしておくと良いでしょう。

 

地域ではかなり目立つ存在なので、タクシードライバーとして情報に詳しくなっておくのがおすすめです。

 

福岡空港の詳細情報

福岡空港には主に国内線の飛行機が乗り入れており、JAL、ANA、AMX、peach、Jetstarなどが発着します。国際線はマニラ、ソウル、台北、香港に向かう便があり、中国や韓国方面への飛行機が多いです。

 

この空港からは地下鉄、バス、タクシーなどの交通手段があり、博多駅や天神駅方面にアクセスできるようになっています。

 

最も交通拠点として大きい駅は博多駅で、どこへ行くにも博多駅を経由することが多いため、タクシードライバーとしても博多駅までのアクセスと博多駅からのアクセスをマスターしていれば仕事はしやすくなります。

 

公共交通機関のひとつとして国際線、国内線の時間帯、他の地下鉄やバスの時間、時刻表を理解していればお客さんの満足度も上がるでしょう。

 

時刻表をタクシー内に用意しよう

地下鉄、バス、空港の時刻表をタクシー内にまとめてお客さんに見えるように設置しておくと観光客にとってはかなり便利な情報となります。

 

また、お客さんにそのまま渡せるような時刻表や観光マップなどを紙で用意しておけば、タクシーの利用客はかなり満足してくれるはずです。

 

観光客へのこうしたサービスは、タクシー会社の電話番号や連絡先を渡しておけるため、リピーターを獲得するきっかけにできる可能性があります。書類を自分で勝手に作るのは良くないですが、上司や同僚などにこうした取り組みを認めてもらえればどんどん取り入れていきましょう。

 

福岡空港周辺の道

福岡空港の国内線は東側、国際線は西側にあります。博多駅に近いのは国際線の方で、博多駅北側から国内線空港にアクセスする方がスムーズにたどり着けるので無理に南側を迂回すると空港を外回り一周することになってしまいます。

 

国際線ターミナル周辺では、外国人観光客を乗せることになるため、乗り入れている飛行機から判断すると中国語や韓国語を話せる人のほうが利益には繋げやすいでしょう。ただし、この場合の客層、モラルレベルがあまり良くない可能性があるため、汚れやゴミの心配を考えると少し慣れが必要です。

 

外国語のスキルはこうした場面でかなり役立つので、読み書きはできなくても、最低限トークだけでも身につけておくと良いでしょう。