タクシー運転手は20代や30代若者にもできるの?転職についても

タクシー運転手は若者にもできるの?

福岡県でタクシードライバーをするには、勤務地や働く場所が大きく影響します。

 

博多駅や天神駅など土地勘があるのであれば、若者でも十分タクシードライバーとして仕事ができます。

 

2種免許が必要になる

タクシードライバーになるには、2種免許の取得が最低限必要です。1種免許を取得してから3年ほどは運転経験がないといけないため、18歳に免許を取得して3年は運転をし、会社負担か自己負担で2種免許を取得すれば働き始められます。

 

若者がタクシードライバーとして働く場合は、この条件、資格を満たすのが大変ですが、免許さえ取得できていればひとまず勤務できる可能性はあります。この1種免許と2種免許の取得には合計で約50万円ほどかかってしまうので、若者が自己負担で取得するのはきついでしょう。

 

タクシー会社が2種免許取得費用を負担してくれるところで働いたほうが若者にとってはプラスになるので、転職前に良い会社を見つけるようにしましょう。

 

道を覚えて土地勘をつけよう

若者でもその地域の道を把握できていればタクシードライバーとしての仕事は最低限できます。

 

天神駅や博多駅などの周辺は若者のほうが道に詳しい場合もあるため、そうした駅周辺を訪れることが多かった方はタクシードライバーとして経験を積んでいくのも良いでしょう。

 

隔日勤務も若者の体力ならば難なくこなせる可能性が高く、1ヶ月のうちの実労働日数を考えると隔日勤務は若者にはちょうどよい働き方になるかもしれません。

 

一方通行や駐停車禁止の場所などをきちんと把握できてさえ入れば安全にドライバーの仕事ができるので、営業エリアがよく知っている土地である場合には働いてみても良いかもしれません。

 

若者が働く場合の注意

タクシードライバーの仕事は自由度が高いため、ある程度自分の意志で決定して、お客さんを拾える場所を見つける必要があります。

 

駅待機、配車でのタクシー業務なども重要なので、自身で判断して行動できるというようなスキルも必要です。社会経験や仕事をする社会人としてのマナー、ルールなどを最低限求められるのもタクシードライバーなので、若者の場合はスキルが不足しないように研修や先輩社員のサポートもしっかり学んで、力をつけ続けていきましょう。

 

道案内や安全運転、お客さんとのトークなども必要になるので、さまざまな気遣いをしながら安全運転できるようにしておきましょう。