タクシー運転手が転職の際に持っていると良いスキルや資格

ドライバーが持っていると良いスキルや資格

福岡県でタクシードライバーの仕事をする時には勤務地によって求められるスキルが変わります。

 

介護タクシーや観光タクシーなどの分野で働くときにも求められるスキルは変わってくるので事前にスキルや資格のことは考えておきましょう。

 

博多駅周辺で求められるスキル

博多駅周辺には、多くのホテル、福岡空港などがあるため、外国語が使えるほうが仕事の幅が広がります。

 

福岡空港には台北やソウルからの便もあるため、外国人観光客の多くは中国語や韓国語を話すと考えていたほうが良いでしょう。もちろん、英語が通じればなんとかコミュニケーションはできますが、タクシー利用者の国の言語を多少なり話せれば、観光タクシーとしての可能性も広がります。

 

また、外国語のスキルは道案内や乗客の質問に答える時にも必要で、さまざまな場面で必要になってくるものです。

 

博多駅周辺のように人の流れが多い場所では、英語を基本に中国語、韓国語などもしっかり基本の会話をマスターしておきましょう。

 

小倉駅周辺で求められるのは?

小倉駅周辺は九州の玄関口という性質や観光スポットが複数あるという特徴から、観光関係のスキルや知識があると仕事がしやすくなります。

 

また、陸上自衛隊駐屯地があるため、そういった方々向けのスピーディーなサービスの提供、小倉駅から駐屯地までのルートの把握なども重要です。

 

外国語もできたほうが良いですが、地域の詳細情報を把握していたほうがよく、狭い道やローカルな道まで自由自在に案内できるくらいに土地を把握しておいたほうがタクシードライバーとして仕事がしやすいです。

 

介護ヘルパーのスキルはおすすめ

福岡では高齢者が多いため、介護ヘルパーの資格や介護職の経験があると医療機関に高齢者を運搬するときにもそのスキルが役立つでしょう。

 

足腰の弱い高齢者をタクシーに乗せるときにもそのスキルは発揮され、より多くの人にタクシーを利用してもらえるはずです。介護専門のタクシーとして働くのもありで、それだけでも一定の報酬が確定するため売上重視にしたい方には特におすすめです。

 

転職先のタクシー会社での新しい取り組みやプロジェクトでも介護タクシーという分野を開拓できればそれだけ会社にも地域社会にも貢献できます。

 

今後は高齢者のほうが多くなっていってしまうので、介護や福祉系の資格、スキルを身につけておいたほうが将来的にメリットがあります。タクシーの仕事でも介護スキルはなにかしら生かせるので、チャンスがあれば取得しておきましょう。