タクシーの転職で応募するのための履歴書・書類作成のコツ

タクシー転職のための履歴書・書類作成のコツ

転職する時には履歴書などの書類を作成する必要がありますが、近年は履歴書はパソコンで作るのが一般的になっています。

 

福岡県でも履歴書はパソコンで作っておいて、ある程度テンプレートのようにしておくとどんなシーンでも活用できるはずです。

 

履歴書に書いたほうが良いこと

タクシー転職に限らず、会社に転職する時には履歴書を作る必要があります。この履歴書には職歴、経歴、学歴などを記載する必要があり、高等学校以降の学歴と就職したことのある会社で書けるものはしっかり書いておきましょう。

 

フリーランスとして働いていた場合には、その仕事の結果を記載しておくと個人のスキルを確実にアピールすることができます。もちろん、こうした情報は年齢を重ねても時間がたっても変わらないことなのでパソコンでテンプレートのように作っておけば、手書きでいちいち書かなくて済みます。

 

資格も1種免許、2種免許などを記載できれば理想的ですが、観光タクシーや介護タクシーなどの可能性を広げたい場合はヘルパーや観光系の資格を書けると一番良いです。

 

パソコンで作る時の注意

パソコンで履歴書を作る時には文字だけで記載するのではなく、職歴や資格などを一般的に市販されている履歴書と同じように枠線付きで記載したほうが印象は良いです。

 

そのため、MicrosoftWordで作るよりはExcelを上手に使えたほうがよく、パソコンスキルをアピールできれば会社のタクシードライバーとしてだけでなく、事務職のサポートなどを合わせて仕事ができる可能性があります。

 

パソコンなどできれいな書類を作成できれば、追加の手当などがもらえて収入がアップするかもしれません。パソコンで履歴書を作る場合でも顔写真や印鑑の押し貼りができるようなスペースはあったほうが良いので必要な枠はしっかり確保しましょう。

 

履歴書以外の書類は?

就職するときには、会社によって住民票などの提出を求められることもあります。エントリーシートや会社独自の書類を提出するように言われることもあるため、そうした提出書類を用意できるように余裕を持たせておきましょう。

 

アンケートや労働契約書、機密保持に関する承諾書などがある場合には漏らさず記載してスムーズに転職できるようにしましょう。

 

たいていは転職できることが決まってから会社側から必要書類は渡されますので、期限に間に合うように準備できれば問題ありません。タクシー運転手に転職する場合でも、一般の会社に転職するのと同じ手続きを踏むことが多いので事前に予習・準備しておくと良いです。