タクシー運転手の1日の仕事の流れ

タクシー運転手は比較的働い方が自由と言われていますが、出庫前のアルコールチェックと入庫後の入金、車両点検が終われば会社にいる時間はほとんどなく、自由は多いですが、ときに孤独を感じる場合もあります。

 

1日のスタートはどんな流れ?

タクシードライバーとして働き始めるとき、会社に行ってから制服に着替えたり、車両の点検や書類の用意などをしつつ、アルコールチェックを必ずすることになっています。

 

2種免許を取得しているということで、お客さんを乗せて車を走らせる者の責任として安全運転を遵守できるようにするための方法の一つです。また、朝は朝礼や挨拶練習、声出し練習などを行うところもあり、会社に行ってからの日課としてすることになると考えておきましょう。アルコール検査はかなり厳しいので、お酒入りのチョコレートを食べただけでもだめな場合があります。

 

この検査に引っかかると仕事に出られないので気をつけましょう。マウスウォッシュなどもアルコールを僅かに含んでいるので、アルコール検査前には特に気をつけましょう。

 

路上で自由に働く

会社から出てしまえば働き方はかなり自由です。お客さんを乗せるとき、会社から配車希望が入った時には指定の場所にタクシーを走らせることになりますが、基本的にどこでお客さんを拾っても、駅で待機しても、医療機関などにお客さんを運んでも良いです。

 

お客さんを乗せたときと降ろした時には、無線でひとこと報告を入れたり、カーナビやGPS連携で電子的に連携させたりすることはありますが、それ以外は特に制約はなく、営業エリア内の好きな範囲で働けるというメリットがあります。

 

車内では監視されているということはなく、ドライブレコーダーがついているくらいできちんと仕事をしていれば困ることは何もありません。

 

仕事後の処理

1日の仕事が終了したら、タクシーでそのまま会社に一度帰ります。会社に帰ったあとは、1日の売上金を会社に預けて、営業報告をし、必要に応じて健康チェック、車の点検、整備をして仕事が終了します。

 

1台のタクシーを2人で回すような場合には、交代するタイミングによっては整備を次に乗る方に引き継いで仕事を終えることもありますが、このあたりは臨機応変に対応する事になります。

 

基本的にはこうした働き方が続くため、慣れてしまえば余計なストレスはなく安心して働けるでしょう。1日の仕事の流れはルーチン化できるので、ものすごく頭脳を使うわけでもなく、大変な肉体労働があるわけでもありません。

関連ページ

お客さんを拾いやすいのはどこ?
福岡県内でタクシードライバーが売上を伸ばしやすいのは、博多駅、天神駅、小倉駅に加えて福岡空港周辺です。それ以外の地域でもタクシー需要はあるにはありますが、歩合給をたくさん稼げるほどの利益にはならないため、勤務地選びは大切です。
タクシー運転手は若者にもできるの?
福岡県でタクシードライバーをするには、勤務地や働く場所が大きく影響します。博多駅や天神駅など土地勘があるのであれば、若者でも十分タクシードライバーとして仕事ができます。
タクシー運転手は中高年でも働ける
タクシー運転手にメリットは転職する場合でも年齢制限がゆるいことです。40歳からでも50歳からでも勤務でき、会社によっては75歳まで働ける場合があるため、シルバー人材として活躍したい方にもタクシードライバーはおすすめです。
どんな事故が最も多い?
福岡県では、平成29年12月末時点で交通事故は約35000件発生しており、そのうち約13000件は追突事故、約8000件は出会い頭の事故です。交通事故死亡者数は139人と少し多めでタクシードライバーとして交通安全には十分気をつけましょう。
ドライバーが持っていると良いスキルや資格
福岡県でタクシードライバーの仕事をする時には勤務地によって求められるスキルが変わります。介護タクシーや観光タクシーなどの分野で働くときにも求められるスキルは変わってくるので事前にスキルや資格のことは考えておきましょう。
未経験で働く場合の転職の流れ
タクシードライバーとして未経験で転職する場合には、経験者に比べて取得すべき資格や学ぶべきことが多いです。2種免許の取得や車両のメンテナンス、装置や端末の使い方などを早めに学べるようにしましょう。
タクシードライバーのデメリットと仕事で大変なこと
福岡県でタクシードライバーの仕事をするときに大変なのは稼ぎやすい場所に勤務することと、稼ぎやすい場所を見つけることです。営業エリアはある程度それぞれの会社で決まっているため、どうしても稼ぎにくい場所というのもあります。
地域における運転マナーの特徴とクセ
福岡県では前方不注意による事故が多く、無理な右折など少し乱暴で自己中心的な運転をする人が多いため、タクシードライバーとしてはきちんと現実を把握して、お客さんを乗せているときもそうでないときにも気をつけましょう。
転職に失敗しないための教訓と注意点
タクシードライバーに転職する時には、できれば失敗しないで一発で転職に成功できたほうが良いです。タクシーの仕事は人材不足な状況なので、きちんと転職活動すれば仕事に就けないことはほとんど無いでしょう。
タクシー転職のための履歴書・書類作成のコツ
転職する時には履歴書などの書類を作成する必要がありますが、近年は履歴書はパソコンで作るのが一般的になっています。福岡県でも履歴書はパソコンで作っておいて、ある程度テンプレートのようにしておくとどんなシーンでも活用できるはずです。
酔った客を乗せる時の注意点
福岡県の博多駅や小倉駅付近には居酒屋や飲食店が多いため、酔った客から依頼を受けることもあります。しかし、嘔吐する可能性がある人や泥酔している人は乗車拒否できるので仕事とはいえども、しっかりお客さんは選びましょう。
タクシー運転手が1日に稼げる平均金額
福岡県では、首都圏に比べるとタクシードライバーが稼げる金額は少ないですが、毎月20万円から30万円ほどは堅実に稼ぎ出せるため、慣れてくれば更に売上はアップできるでしょう。福岡県内での勤務地もとても重要です。
タクシー会社の給与体系や待遇の基礎知識
タクシー会社の多くは給与体系や働き方は同じです。固定給と歩合給があり、日勤、夜勤、隔日勤務と言うような働き方が基本となります。明け休みや二車三制など独特のルールや仕組みなどがあるので、転職前に理解しておきましょう。
女性でもできるタクシー運転手の仕事とそのメリット
福岡県では、女性にもタクシードライバーとして働くチャンスがありますが、地域によってはタクシーそのものの需要が低いので十分な稼ぎにはならない可能性があります。観光タクシーや子育てタクシーなどで賢く売上を伸ばすと良いでしょう。