どんな事故が最も多い?

福岡県では、平成29年12月末時点で交通事故は約35000件発生しており、そのうち約13000件は追突事故、約8000件は出会い頭の事故です。

 

交通事故死亡者数は139人と少し多めでタクシードライバーとして交通安全には十分気をつけましょう。

 

追突事故に気をつけよう

福岡県で特に目立っているのが追突事故ですが、発生件数は減少傾向にあります。それでも車両同士の事故はかなり多いため、タクシードライバーは特に注意しましょう。

 

タクシーがよそ見をしていて車に衝突することもあり、逆にタクシーの後ろから追突されることもあるため、ドライブレコーダーなどをしっかり稼働させておく必要があります。

 

タクシードライバー自身が事故を起こす可能性より、後ろから追突される可能性があるということなので、乗客を乗せている時には特に注意しましょう。

 

また、左折による事故よりも右折での車両同士の事故が多いため、運転マナーはかなり悪いと考えられます。無理に右折しようとする車が多いことを意味するため、タクシードライバーはより慎重に運転しましょう。

 

左折の巻き込みにも注意

本来は原付や自転車、歩行者などの左折時の巻き込み事故が多くなってしまいますが、福岡県ではそうした事故よりも無理な右折やウインカー不足による事故が起きるため、交差点に入るときはたとえ信号が青でも急に右折してくる車がある可能性を考えて、スピードを出さないように運転しましょう。

 

ドライブレコーダーは常に稼働していることを周囲の車にアピールできたほうが事故の発生数は多少なり押さえられるでしょう。

 

もちろん、原付きや自転車の巻き込みには注意が必要で、乗客を乗せているときに左折巻き込み事故を起こすなどもってのほかです。しっかり後方確認をして、危険がないことを確かめて運転できるようにしましょう。

 

高齢者の人身死亡事故が多い

死亡事故発生件数のうち、高齢歩行者の数が半数を超えています。高齢者や40代、50代のマナーの悪さや確認不足が目立っており、若者よりも高齢者や中年のほうが気をつけていないと死亡事故が減りません。

 

タクシードライバーが運転するときにも高齢者の飛び出しや歩行者の信号無視などの危険があるため、交差点や信号のある場所では徐行を心がけるのが一番です。

 

福岡県は都会的なところもありますが、まだまだ田舎レベルの交通意識の高さ、モラルレベルなのでタクシードライバーを目指す方は特に運転マナーや運転モラルを高めておいてください。

 

万が一の事故にも備えておき、いざという時に素早く行動できるようにしておくのもタクシードライバーの責務です。

関連ページ

お客さんを拾いやすいのはどこ?
福岡県内でタクシードライバーが売上を伸ばしやすいのは、博多駅、天神駅、小倉駅に加えて福岡空港周辺です。それ以外の地域でもタクシー需要はあるにはありますが、歩合給をたくさん稼げるほどの利益にはならないため、勤務地選びは大切です。
タクシー運転手は若者にもできるの?
福岡県でタクシードライバーをするには、勤務地や働く場所が大きく影響します。博多駅や天神駅など土地勘があるのであれば、若者でも十分タクシードライバーとして仕事ができます。
タクシー運転手は中高年でも働ける
タクシー運転手にメリットは転職する場合でも年齢制限がゆるいことです。40歳からでも50歳からでも勤務でき、会社によっては75歳まで働ける場合があるため、シルバー人材として活躍したい方にもタクシードライバーはおすすめです。
ドライバーが持っていると良いスキルや資格
福岡県でタクシードライバーの仕事をする時には勤務地によって求められるスキルが変わります。介護タクシーや観光タクシーなどの分野で働くときにも求められるスキルは変わってくるので事前にスキルや資格のことは考えておきましょう。
未経験で働く場合の転職の流れ
タクシードライバーとして未経験で転職する場合には、経験者に比べて取得すべき資格や学ぶべきことが多いです。2種免許の取得や車両のメンテナンス、装置や端末の使い方などを早めに学べるようにしましょう。
タクシードライバーのデメリットと仕事で大変なこと
福岡県でタクシードライバーの仕事をするときに大変なのは稼ぎやすい場所に勤務することと、稼ぎやすい場所を見つけることです。営業エリアはある程度それぞれの会社で決まっているため、どうしても稼ぎにくい場所というのもあります。
地域における運転マナーの特徴とクセ
福岡県では前方不注意による事故が多く、無理な右折など少し乱暴で自己中心的な運転をする人が多いため、タクシードライバーとしてはきちんと現実を把握して、お客さんを乗せているときもそうでないときにも気をつけましょう。
転職に失敗しないための教訓と注意点
タクシードライバーに転職する時には、できれば失敗しないで一発で転職に成功できたほうが良いです。タクシーの仕事は人材不足な状況なので、きちんと転職活動すれば仕事に就けないことはほとんど無いでしょう。
タクシー転職のための履歴書・書類作成のコツ
転職する時には履歴書などの書類を作成する必要がありますが、近年は履歴書はパソコンで作るのが一般的になっています。福岡県でも履歴書はパソコンで作っておいて、ある程度テンプレートのようにしておくとどんなシーンでも活用できるはずです。
酔った客を乗せる時の注意点
福岡県の博多駅や小倉駅付近には居酒屋や飲食店が多いため、酔った客から依頼を受けることもあります。しかし、嘔吐する可能性がある人や泥酔している人は乗車拒否できるので仕事とはいえども、しっかりお客さんは選びましょう。
タクシー運転手が1日に稼げる平均金額
福岡県では、首都圏に比べるとタクシードライバーが稼げる金額は少ないですが、毎月20万円から30万円ほどは堅実に稼ぎ出せるため、慣れてくれば更に売上はアップできるでしょう。福岡県内での勤務地もとても重要です。
タクシー会社の給与体系や待遇の基礎知識
タクシー会社の多くは給与体系や働き方は同じです。固定給と歩合給があり、日勤、夜勤、隔日勤務と言うような働き方が基本となります。明け休みや二車三制など独特のルールや仕組みなどがあるので、転職前に理解しておきましょう。
タクシー運転手の1日の仕事の流れ
タクシー運転手は比較的働い方が自由と言われていますが、出庫前のアルコールチェックと入庫後の入金、車両点検が終われば会社にいる時間はほとんどなく、自由は多いですが、ときに孤独を感じる場合もあります。
女性でもできるタクシー運転手の仕事とそのメリット
福岡県では、女性にもタクシードライバーとして働くチャンスがありますが、地域によってはタクシーそのものの需要が低いので十分な稼ぎにはならない可能性があります。観光タクシーや子育てタクシーなどで賢く売上を伸ばすと良いでしょう。